ロゴ
HOME>Column>シミの種類によってはレーザー治療が良い【シミの原因別対処法】

シミの種類によってはレーザー治療が良い【シミの原因別対処法】

シミ

シミの原因と種類

シミには大きく分けて4つの種類があります。1つ目は紫外線の刺激によりメラニンが過剰生成されることによって発生する日光性黒子で、最も一般的なタイプのシミです。日に当たる部分にできやすく、年齢を重ねるにつれて増える傾向があります。2つ目はホルモンバランスの乱れやメラニンの過剰生成によって起こる肝斑で、頬や額、口の周りに現れます。地図のように大きな形状が特徴的です。3つ目は遺伝性によるそばかすで、子どもの頃から見受けられます。4つ目はニキビや炎症の後にできる炎症後色素沈着で、年齢に関係なく発生します。これらのシミはそれぞれ原因が異なるため、改善するためにはレーザーや薬、化粧品などそれぞれに合ったケアが必要です。

シミ

レーザー治療が良いシミと化粧品ケアが良いシミの違い

シミのケアには、レーザー治療と美白化粧品という2つの方法が一般的です。レーザー治療が向いているタイプのシミは、日光性黒子とそばかすで、薄いシミなら1度の施術でなくせます。一方、美白化粧品によるケアが向いているのは肝斑と炎症後色素沈着です。このタイプのシミにはレーザー治療は不向きで、行うと余計に色が濃くなる場合もあるので気を付けましょう。日光性黒子は初期の場合は美白化粧品で薄くすることもできますが、濃くなってしまうと化粧品では歯が立たなくなってしまいます。そばかすも、メカニズム的には美白化粧品で改善できるはずですが、実際のところそれほど効果は現れないようです。確実に消すなら、レーザー治療法を採用するほうが良いでしょう。